留袖を使うならレンタル|費用を抑えて借りられる!

女の人

高価な着物を着るには

婦人

結婚式には母親は黒留袖を着用することが常識となっています。購入するにはかなり高額になりレンタルをする人もいます。通販のレンタルなら安くて種類やサイズも豊富です。着用する2日前には送られてきて翌日返却すればいいのです。

詳細を読む

婚礼で親族が着る着物とは

たくさんの和服

通販の留袖のレンタルは、フォーマルドレスを購入するより格安です。着物はサイズが少しぐらい大きなものでも調節して着ることができます。着物を購入しても虫干しなどをしなくては虫食いの穴ができたり変色することもあります。

詳細を読む

着物は借りたほうが便利

和服

着物レンタルは振袖のほかに留袖も人気です。通販で全国展開して顧客を増やすことでレンタル料も安くなります。着物を着るには小物も必要で手間がかかります。それらを全て安い費用で貸し出すことで、着物を着る機会を増やしてほしいという気持ちも通販には込められています。

詳細を読む

和装は買うより借りる

着物

格の高い礼装

和装は手入れが面倒、着つけることができないといった様々な理由から、現代では利用者が減少していました。しかし近年では、海外でも人気が高まり格式の高い場での、礼装としても需要が高まっています。特に留袖は、既婚女性の最も格の高い礼装であると再認識されているのです。未婚女性の振袖を、既婚者となってから長い袖を切り縫い留めたものが、留袖と呼ばれるようになりました。江戸時代までは地色は、自由だったのですが明治時代になると西洋のブラックフォーマルの概念が取り入れられます。このことにより留袖の地色は、黒いものが多数派になるのです。黒以外の地色のものは、色留袖と呼ばれ着用目的によっては、紋がつけられたり無紋だったりします。留袖は既婚女性の身に着ける礼装という常識はあるが、近年では比較的高齢の未婚女性が着つけることもあるのです。また黒い地色が喪に服している印象を与えることがあるので、場所によっては色留袖が好まれています。

賢く利用する

最近では、海外でも人気が高まっている和装ですが、日常ではそんなに着る機会はありません。日本古来の衣装ではありますが、一年を通しても冠婚葬祭の他には、特別なイベントやパーティーなどになります。つまり年中必要とするものではなく、利用する頻度が少ないのです。管理する手間なども考えると、レンタルして利用するのが賢明になります。全国に宅配してくれる和装専門のレンタル業者が、いつでも閲覧できるウエブサイトを作っているのです。レンタルの仕方も、簡単にできます。ウエブサイト上には、レンタル初心者でもわかりやすいように丁寧な説明があるからです。全ての業者がそうとは限りませんが、送料が無料なところが多くあります。デザインも流行のものから、古典的な柄まで多数ありサイズも多種類あるのです。クリーニングは不要で、専用のバッグに入って届くので返却も簡単にすみます。

Copyright© 2016 留袖を使うならレンタル|費用を抑えて借りられる! All Rights Reserved.